貸切バスで修学旅行をするメリット

貸切バスで修学旅行をするメリット

学校で行われるイベントの中でも、特に規模が大きいものとなるのが「修学旅行」ではないでしょうか。生徒にとっては楽しみなイベントであるものの、学校側にとっては考えなければならないことが多いイベントでもあります。特に注意して考えるべき事の1つとして、「移動手段」があります。高校生などになると分別の付いている生徒が多くなるため、それほど公共交通機関の利用にも問題が生じることはありません。しかし、小学生等の場合にはまだまだ制御できない子供も多く、教師にとっては頭を抱える原因となります。公共交通機関以外で、修学旅行で利用できる移動手段にはどのようなものがあるでしょうか。

学校側が修学旅行の移動手段として考慮できる選択肢の1つに、貸切バスがあります。実際の所、多くの学校が修学旅行の移動手段として貸切バスを利用しているため、修学旅行シーズンとなる7月や8月は貸切バス業界にとって繁忙期となっています。そのため、料金面については他の時期に比べると安くはない場合が多いですが、学校で利用する場合には学生割引が利用できる場合が多く、各社が利用料金を安く設定しているため、料金面で不利になることは多くありません。

それでは、修学旅行に貸切バスを利用する場合、どのようなメリットを考えることができるのでしょうか。まずポイントとなるのは、貸切であるという点です。貸切であるため、利用をしているのは教員と生徒だけということになります。他の利用者はいないため、公共交通機関において起こりうる一般客との間のトラブルを根本的に回避することが可能になります。もし公共交通機関で問題を起こすようなことがあれば、学校自体の印象を悪くすることに繋がってしまいますが、貸切バスであればそういった問題を回避することができるため、学校にとっても安全な選択肢となります。

また、貸切バスの場合には事前に座席を設定しておくことができるため、点呼の確認がし易いというメリットがあります。万が一にもあってはいけない、途中で生徒がはぐれてしまうという問題を解決することができるようになっています。乗降の際に人数が足りているかどうか確認をするのに掛かる時間も短く済みます。

さらに、貸切バスの場合、車内の時間を有意義に活かすことが可能です。マイクを利用擦ることができるバスを利用していれば、先生がバス内でこれから行く旅行先についての説明を行うなど、より修学旅行の内容について理解してもらいやすくなります。バスによってはモニターや持参のDVDが利用できるようになっている場合もあるため、上手く利用することでより幅広い旅行を考えることができるようになるでしょう。

そんな貸切バスを利用した修学旅行の際、バス内で行うレクリエーションについては教師側が設定するだけではなく、生徒に考えさせるということも可能です。車内レクリエーションの係を設定して、その係に内容を決定してもらうようにすると良いでしょう。生徒の自主性の教育としても利用できるようになるため、修学旅行としての意義を高めることができます。

このように、修学旅行に貸切バスを利用するメリットは多く存在しています。ただし、前述の通り修学旅行シーズンはバス会社にとっても繁忙期であるため、申し込みは早目に行っておく必要があります。申し込み時期が遅いと利用できるバス会社がなくなってしまっていたり、旅行のプランに使える時間が短かったりと、デメリットが多くなってしまいます。最大限メリットを活用することができるようにするためにも、早目の申し込みと早目のプランニングを行うようにするのが良いでしょう。その方が、教師にとっても生徒にとっても負担が少なくなります。

INFORMATION

【2017年01月24日】 
ホームページを更新しました。

MENU

Content

Recommends


  [準備中]